ASax’s diary

吹奏楽部保護者の会

三者面談

この間、三者面談をしてきた。

ソロコンテスト出場するので、担任の先生に無理言って一番最初の時間に予約させて貰った。

あ~、最悪だ~。
先生から今回のテスト(テストがあったと、この時知った)の結果と、進路の話をされた。
簡単に言うと、入学できる高校が無い。
勉強、まるっきり監視してなかった~。

一応、学研に通わせているのだが、(アタシが思うに)学研の教室へ行っただけで勉強した気になり、家では何も学習しない。

娘の頭の中は、吹奏楽の楽器や音楽の曲達が、お花畑で花摘みしているかのようにルンルンなんだろう。

担任からは「どうした?何があった?悩みや何かある?」すごく心配してくれてる。実際娘には何も無く、あるのは吹奏楽とアルトサックスだけ。こんな事先生には言いづらい。

吹奏楽を一生懸命やると、演奏技術も上手くなるし勉強も上がると聞くんだけど・・・
これって、時間の配分調整が効率よく出来るからであって、勉強をしなければ成績は下降する。
我が子は、それがわかってなかった。

一応、吹奏楽部の部長であり、ソロコンテストにも出場決定している立ち位置なのに、こんな成績では部員や顧問に申し訳なさすぎる。
4月からは3年生になるから、なんとしても勉強の成績を上げなくてはいけない。

さてどうする??

自主的に勉強するように仕向けなければいけないのだが、アルトサックスのように進んで練習や勉強をしてくれない。

担任の先生が「ストップウォッチを使って、集中して勉強する時間を何分かチェックすると良いよ。キッチンタイマーを使ってやっている生徒が多いよ。」とアドバイスをくれた。早速キッチンタイマーを手に入れてやらせてみた。

何と我が子はストップウォッチでピコピコ押して遊んでいる!!息を何分留められるかやってるみたい(T_T)
やはり監視役がいないとダメみたいなので、とりあえず目の前に座ってやらせることにした。

急には成績向上は見られないと思うが、親子して頑張ろう。