ASax’s diary

吹奏楽部保護者の会

アンコンメンバーのみ郊外練習、他休み

アンサンブルコンテスト、もうじきです。

出場するメンバーと、そうでないメンバーに分かれて練習しています。

我が顧問は、中学入試の関係で部に顔を出す機会がグッと減り、アンサンブルコンテスト当日は中学入試の監督で不在。

私がメンバー連れてエントリーする大役を仰せつかりました?

練習場所は郊外で確保しなくてはならないのですが、忙しい合間を縫って先生がほとんど手配して下さり頭が下がる思いです。

ただこの季節、インフルエンザが部員を狙って来ます。

クラリネット3重奏の1人がインフルエンザになってしまいました?

パートはバスクラの1年生。

インフルエンザから帰ってくるのは、本番2日前。

残された二人は、黙々と練習してます。

バスクラの部員は、先生に自分の楽器を兄へ持たせて欲しいと頼んでいました。

自主練習・・・心が1つみたいです、クラリネット3重奏。

もう1つの混成8重奏、凄く仲良しで練習時間を増やせとうるさいチームです。

バスクラのインフルエンザの件を知ると、合わせて吹きたい気持ちがわかるから練習時間を伸ばして悔いのないようにしたいと言って来ました。

2つバラバラのチームだと思ってたら、気持ちは1つのチームだったみたいです。

メンバー以外の部員は、今月の練習が殆どありません。

吹きたい気持ち、出場したい気持ちをグッとこらえて、家で練習している部員もいます。

メンバーは、みんなの色んな気持ちや思いを背負って練習に励んでます。

出られないメンバーの襷を無駄にしないように。

本番まで1週間切りました、まだ下手くそです?

でも、吹奏楽は楽しいみたい、音楽好きみたいです。

今回、アンサンブルコンテストを辞退しようと顧問は考えて居たそうです。

出場を決めたのは、部員の熱意と私がアンコンの受付や引率の経験がある父兄だからだそうです。

メンバーの配置、娘が書きました。

顧問がくれた書類、配置表、これを持ってエントリーします。

郊外練習、時間長過ぎる練習、顧問が駆けつけて指導してくれます。

がんばれ吹部❗

本番楽しもう?