読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASax’s diary

吹奏楽部保護者の会

ストラップ

アルトサックス ストラップ

サックスを演奏する人は必ずストラップ(紐)を楽器に付けて体と固定をしている。

ストラップにもいろいろ種類がある。

首から下げるタイプ。 (〇△セット)とかには必ず入ってる。

チョッキみたいなタイプ。

チョッキの片方の肩が無くなったようなタイプ。

バリトンサックスのような、大きくて重量のある楽器には、チョッキのようなタイプを使用する人が多いみたい。

アルトサックスは主に首から下げるタイプを使用する人が多い。

うちも、サックスを買った時に一緒に付いてきたネックストラップを使ってた。

2.5㎝幅の黒い帯紐で、サックスを付けるフックが付いてる単純なやつ。

帯の長さ調節するプラスチックの部品1つ付いていて、新品買っても1,000円しない。

このネックストラップを装着すると、首元が着物を着たような感じになり、首が締め付けられてる見た目になる。

という事で

B.AIR BIRD STRAP バードストラップ

第一に、首元が締め付けられない。
第二に、首後が、クッション性のパットの為、長時間の演奏でも、疲れにくい。
第三に、見た目が良い

秋田県内の楽器店、修理店をあちこち回って探したが、現物を売っているお店が無い。
仙台にも行ってみた、ない・・・

手に取って大きさや厚さ等、確認できないのなら・・・

井上麻子シグネイチャーモデル”

女性のサックス奏者のモデルがあった。

若干高いけど、”女性”だし、井上さんの写真見ると、華奢な体系だし、この人が使用して良いのなら、わが娘にもちょうど良いかな~なんて思って、ネットで購入。

なぜ購入の際迷ったか、バードストラップの各パーツが選べるから。

まず、首のパットは、大きさや厚さ、幅を選ぶことが出来る(サイズは記載してある)

次に鳥の形をしたメインの金具(V型プレート)。

2種類の大きさと、2種類の材質(プラスチックとアルミ)があった。

どのパーツも色は選べるけど、色よりもパーツの大きさと重さが気になる。

寸法の記載あっても、いざ購入するとなると迷う物。

だから、井上さんのモデルにした。

そうそう、このバードストラップにするとサックスの音色が変わると何かに書いてあったけど・・・

変わったのかな~?

ちなみに、秋田市内でバードストラップを売っている店を発見!!

サックス修理で世話になっている クラング っていうお店。

現在バードストラップのV型プレートは、新型モデルが出たから、それは売ってないかもしれないけど、旧型モデルは、いろんな色売ってました。

吹奏楽って、写真撮る場面(演奏中や集合写真)が多いので、ちょっとだけでもストラップの事、見てみて🎵