ASax’s diary

吹奏楽部保護者の会

自分で楽器を運ぶ車

楽器を車で運ぶ、大会や演奏会等で移動する場合は大型トラックで楽器を運ぶのだが、個人練習のために楽器を持ち帰る時に重要なのが車。
大型楽器は、どんな車が便利なのか考えてみました。

東北で父兄(特に母親)が使っているのが軽自動車だが、車を買い替える時に押さえておきたいポイントがある。

長い楽器の場合
① リヤゲートがある。
 積込の間口が大きく、助手席まで真直ぐ入れられる。

② 後部座席がフラットになり、助手席は前側に倒れる。
 コントラバスファゴット、琴の様な大型楽器は、シートが出来るだけフラットになった方が積みやすい。
コントラバスのお勧め参考車両: WAKE、パレット、N-BOX 等
荷台後ろから助手席まで、左側面がコントラバスで占領されます。
この場合、運転手以外1名(運転席後)に乗車できます。

③ 助手席側はスライドドア(パワーでも手動でも、どちらでも良い)
 コントラバスの場合、スライドドア側の所に人が立ってネックを持ち上げます。
そして、リヤゲートから押し入れます(積込みやすくなる為)

丈の短い、ラッパの部分がある楽器(チューバ)
① リヤゲートがある。
② 後部座席がフラットになる。

軽自動車の車種さえ気を付ければ、軽乗用車に楽器は入ります。

ドラムセットの場合
軽貨物車以外入りません!!
参考車両:サンバーバン・アトレーバン・バモスバン等
(乗用車並みに収納力あります)

ちなみに、普通乗用車は、アタシが乗っているノアの様な1BOXと呼ばれるものか、ワゴン車(ウィッシュ等)が便利です。

買い替える時は是非とも参考にしてみて下さい?

ダウンロングコート

今週のお題「冬の寒さ対策」

寒い寒い⛄

仕事で机に向かっている時は、ハーフケットを使っていたのだが、外が氷点下という日は何枚も重ねてハーフケットを使っていた。

ある日、ハーフケットを自宅に忘れた為、着ていたダウンコートを膝にかけてその日をしのいだら、毛布よりも暖かい❤

コートは室内にはいれば脱ぐ物だし、外出時は着るから、あたしの席には以前のように毛布が置かれる事かなくなりスッキリ。

しかも羽毛のダウンコートだから、寒い日は膨らんで温度を保ち、少し暖かいと膨らみが少なく、コートだけで内も外も過ごせる。

ハーフケットは退社の時に持ち帰っていたので荷物になってた?

けど、コート活用で荷物が減る?

パソコンのマウスを使う手が寒いときは、コートを膝に掛けながら片腕のそでを通して作業すれば良い?

ちなみに、ダウンコートは家庭で洗濯していますよ。

手洗いした後に洗濯機で脱水し、乾燥機で乾かす。
クリーニングよりも汚れがとれるし、安い?

乾燥機で乾かすのがポイントです。

ダウンコート、氷点下の東北で暖かさを実感したので、是非やってみて下さい??

三者面談

この間、三者面談をしてきた。

ソロコンテスト出場するので、担任の先生に無理言って一番最初の時間に予約させて貰った。

あ~、最悪だ~。
先生から今回のテスト(テストがあったと、この時知った)の結果と、進路の話をされた。
簡単に言うと、入学できる高校が無い。
勉強、まるっきり監視してなかった~。

一応、学研に通わせているのだが、(アタシが思うに)学研の教室へ行っただけで勉強した気になり、家では何も学習しない。

娘の頭の中は、吹奏楽の楽器や音楽の曲達が、お花畑で花摘みしているかのようにルンルンなんだろう。

担任からは「どうした?何があった?悩みや何かある?」すごく心配してくれてる。実際娘には何も無く、あるのは吹奏楽とアルトサックスだけ。こんな事先生には言いづらい。

吹奏楽を一生懸命やると、演奏技術も上手くなるし勉強も上がると聞くんだけど・・・
これって、時間の配分調整が効率よく出来るからであって、勉強をしなければ成績は下降する。
我が子は、それがわかってなかった。

一応、吹奏楽部の部長であり、ソロコンテストにも出場決定している立ち位置なのに、こんな成績では部員や顧問に申し訳なさすぎる。
4月からは3年生になるから、なんとしても勉強の成績を上げなくてはいけない。

さてどうする??

自主的に勉強するように仕向けなければいけないのだが、アルトサックスのように進んで練習や勉強をしてくれない。

担任の先生が「ストップウォッチを使って、集中して勉強する時間を何分かチェックすると良いよ。キッチンタイマーを使ってやっている生徒が多いよ。」とアドバイスをくれた。早速キッチンタイマーを手に入れてやらせてみた。

何と我が子はストップウォッチでピコピコ押して遊んでいる!!息を何分留められるかやってるみたい(T_T)
やはり監視役がいないとダメみたいなので、とりあえず目の前に座ってやらせることにした。

急には成績向上は見られないと思うが、親子して頑張ろう。

ソロコンテストへ向けて

ソロコン出場者オーディションが音楽室で行われた。

2月5日に秋田県吹奏楽連盟中央支部主催のソロコンテストは、秋田市文化会館で今年は行われる。
我が校からは2名選出するのだが、どのようにして選出するか考えているうちに部員から立候補者4名出てきた。
個人的には、もう少し立候補者が出るかと思ったのだが、”ソロ”となると皆慎重に構えて遠慮しがちみたい。
うちの子も立候補していた(部長は必ず立候補しているという言い伝えがある)。

候補の仕方も面白い。

うちの娘の場合:
選曲⇒楽譜注文(個人購入)⇒立候補「この曲でソロコン出たいです」と宣言。⇒演奏時間は5分以内とあるので、どの楽章を吹くかは後日決めると伝えた。

他3人の場合:
候補⇒「曲は何にすれば良いですか?」と先生に相談(出場熱意のみ。頼もしい)

これが11月~12月の話。
1月に入ってすぐ、3人に楽譜が先生より渡された。
ソロコンテストと言ってもピアノ伴奏と一緒に出場するから、本当のソロとは言えないとは思う。
ピアノ伴奏者選びはどうするのかわからなかったが、出場を決めた部員達はピアノ伴奏してくれる生徒を吹奏楽部内外から探しお願いしていた。
うちの娘は吹奏楽部の仲間に楽譜を渡してお願いしていた。

色々調べてみると、ピアノ伴奏者は生徒でも先生でも親や兄弟でも誰でも良いみたい。

本日のオーディションはピアノ伴奏無しの単独演奏で行われた。
吹奏楽部の顧問が決定し部員達に伝える。
出場2名が選出されれば、ピアノ伴奏者を含めて4人の特訓が始まる。
また、保護者会も出場者4人の父兄でやりくりして動くことになる。

そして、ついに発表の日がやって来た。

4人呼ばれ、先に発表してから部員に伝えた。

そしてピアノ伴奏の発表。

今回は、1人で2人の伴奏をすることになった。

ここで、出場決定楽器。

アルトサックス&コントラバス

アルトサックスは外部から指導者を招くことにし、コントラバスは我が顧問の専門なので指導者決定。
練習日程の連絡・調整はスムーズに行きそうだ。
色々書いてみたが、わが娘の行動を簡単にまとめると

11月~12月:

ソロコン出場を考え始める。

ソロコンに出場する為の曲のリストを作り(ネット検索して調べまくる)、ユーチューブ等で全ての曲を聴く。

曲を数曲に絞り込む(3曲くらいに絞れた)。

曲を決定。

楽譜手配

ひたすら勝手に家で練習(部活では練習する時間が無いので)。
ピアノ伴奏してくれる人を探す。

”出場演奏時間5分”なので、楽章を絞り込む。

1月~:

校内音楽室でのソロ出場オーディション開催

選抜2名はピアノ伴奏者と共に練習。

個人練習(部活動以外での)が増える。

2月:

本番へ

さて、新たな問題が出て来た。
コントラバスの生徒は、ソロコンテスト当日と模擬試験が重なっている為、時間がずれるなら両方やりたいと父兄が言っている。

その日はソロコンテストだけに集中するものと思っていたが、今の時代は違うのか?

いや、残念ながら出場を逃した部員の事を思うと、集中して貰わなくては浮かばれない。

ちゃんと父兄に説明して見よう。

さて、練習場所やスケジュール、調整始めよう?

ブレストレーナー作成

f:id:ASax:20170103123517j:plain

手作りしたブレストレーナー?

アンサンブルコンテストで表彰式前に音楽の先生や専門家の方々が、講評を話してくれるなかに"ブレストレーナー"のくだりがあった。

演奏するには腹式呼吸で音を出すのが基本だが、きちんと出来ていないと、良い音をどころか音量も演奏のブレスのタイミングも技術(ビブラートとか)も出来ないとのこと。

ブレストレーナーと言うものは、お店で3,000円位て購入出来る物だが、この先生は100均で材料を仕入れて安く作ったと話してくれた。

私は"ブレストレーナー"という名前と存在を、この時初めて知ったから、検索かけて写真を見てみた。

確かに売っている、あんなちゃっちいやつが3,000円前後で??

確かに作れそうな"トレーナー"?

早速100均へ行き、ピンポン玉と醤油指しを購入。

息を入れるストローとジョイントはホームセンターで買った。

ピンクのストローは13ミリのホースで15㎝欲しかったが1mで350円で購入。

ホース売り場のそばに、ジョイントが売っていたので、ホースに合うやつ145円を購入。
f:id:ASax:20170103115520j:plain
f:id:ASax:20170103110251j:plain

醤油指しの蓋に、6㎜の穴あけるドリルで上3つの内真ん中の穴1箇所 あけた。

その左右2箇所と下の所に、6.5㎜で穴をあけた。
f:id:ASax:20170103115558j:plain

下の所はジョイントが入るところなので、穴を広げるやつでグリグリ~っと広げ、ジョイントサイズにした。

15㎝のホースとジョイントを繋ぎ、穴を開けた蓋に付け、短いホースを蓋の裏からはめた。(グラグラ動くのを防止)
f:id:ASax:20170103111144j:plain
f:id:ASax:20170103111239j:plain

本体の醤油指しにピンポン玉を入れて蓋すれば完成??✨
f:id:ASax:20170103111525j:plain

使う前に良く洗って使用して下さい、プラスチックの粉が付いているので。

売られているものより、醤油を指す分穴が多いのですが・・・

使ってみて、穴を塞ぎたくなったら、グルーガンで塞ぐ予定。

f:id:ASax:20170103115627j:plain
あと、ホースのジョイント(ピンポン玉側にある部分)が長いので、何とかして切り落とした。(穴明ドリル使って切り落とした)

f:id:ASax:20170103115811j:plain

とりあえず、これでやって様子見ます、「ブレトレ(ブレストレーニングの略)」?



あ、トレーニングの仕方や使い方、これから学びます?

そうだ、うちの顧問から改良するアドバイスを貰ってこよう?

ホワイトコンサート

ホワイトコンサートへ参加してきました。

開演17:30 終演20:10 3部構成でした。

楽譜が渡されたのが12/16、本番は12/26、曲数は3曲・・・

今年の我が部員は、初見でサラ~っと吹く事が出来る人はほとんどおらず、10日で3曲とはかなり難しい。

救われているのが、曲の難易度が低いというのと、パートがセカンドやサードと言ったところの楽譜だから、一見何とかなりそうに思う。

アンコンメンバーに3曲を練習する時間も余裕もなく、アンコン終了後2日で仕上げさせる計画。

部員は高校へ出向いて先輩の助けを借りて曲にする。

ここからが、父兄の協力。

まず、中学校から高校へ移動するのに父兄の車で移動する。

楽器は出来るだけ自分で持って乗車するけど、チューバやコントラバス等の大型楽器は無理。

ノアやエスティマ等のワンボックスカーを楽器運び専用の車両にして積込む。

打楽器は持って行かず、借りる。

貧乏な我が部には、バスやタクシーを借りる予算がない(学校からも出ない)。

父兄が車を運転していくって簡単に言うが、実際に来る親のほぼ9割が母親。

車の運転が上手い者もいれば、物なら運べると申請して来る親もいる。

ましてや東北、雪国。

車を出してくれるだけで、すごくありがたい。

今回苦労したのが、アンコンメンバーの為の車とホワコンメンバーの車2つに分かれる為、いつもより車両台数が増えてしまう点だ。

アンコンメンバーの母親は、ワンボックス運転する家(所有)は私だけで、他は4~5人乗り。

平日の日中移動となれば、協力できる人が私含めて2人。

やもえず楽器を運ぶ軽バン貨物車を業者へ手配。

その点、残りの方は、楽器運搬可能車両も、ワンボックスも4~5台あるから、楽。

まぁこんな感じで、部員は移動し練習しました。

さて、高校生とやるにあたって、連絡が大変でした。

まず、先方の高校顧問へ我が顧問が連絡しても、連絡が無い

高校部長がわが娘へメールをくれて、細々とやり取りするけれど、肝心な所は顧問の指示が無いと何もできない。

だから、楽譜も遅く来た。

本番スケジュールすら2日前にわかり(第3部に出演)、タイムスケジュールに関しては前日の夜遅くに、我が父兄が高校生の父兄に探りを入れて判明した。

綱渡りと言うより”糸”渡。

昨年の経験から部員が飢え死にしそうな顔で帰ってきた経験を思い出し、急遽メールで”軽食を準備して持って来て下さい、おにぎりでもサンドイッチでもカロリーメートでもチョコでも何でも”と伝えた。

連絡が思うように取れない状況で、何とか部をまとめて動かしていくのが保護者会の役割の一つだと思ってるので、一斉メールして我が部の混乱を最小限に食い止めた。と思う。

本番~

高校生は昨年より演奏技術が上手くなっている。

第三部に入り中学部員も参加し、ギューギュー詰のステージでいい顔して演奏している。

ビデオの撮りがいがある。

演奏終了後、みんな喜んで帰ってきた。

そして「あたしたちも高校生の様なパーカー揃えたいな~」

お仕事が増える予感です。

次の日は、28年度部活最終日。

手巻き寿司パーティーで今年を締めくくろう!!

出場 アンサンブルコンテスト

本日、アンコンへ出場して来ました?

混成8重奏にゃん?

どんな混成かと言うと、

ソプラノ サックス
トランペット
トランペット
コントラバス
ユーフォニアム
トロンボーン
テナーサックス
テナーサックス

かなりレア感が出ている混成です。

全国どこを探しても見つからない、まさに"世界で1つの花"って感じ。

曲は、Another Cat : Kraken (3匹の猫) ?

金管で有名な曲ですが、楽譜は色々な混成が出来るように作られてました(楽譜を見て知りました、勉強不足でした)

タイトルは"3匹"ですが、気持ちは"8匹"にゃんです??

簡単に過去を振り返ると・・・

アンコンに出場するかどうかから始まりました。

12月は学校の音楽室や教室が使用できない日が、かなりある事。

顧問も他の先生も付き添えない&指導もそんなに出来ない。

学校が部活に力を入れていない(一応、部があれば良い)。

生徒だけで出場させられない。

この4重苦からスタートしました?

部員や父兄は、出場出来るのが当たり前と思って居ますが、顧問がこの問題を解決する為に学校とかけました。

そして、保護者会がメンバーに付き添う事で出場許可を学校から貰いました。

勿論、顧問は陰ながらサポートを全力でしてくれてます。

そして、やっと出場へ向けて動き出しました。

出場したい部員募集し、グループをいくつか作り、曲決めて、オーディションして、二組に絞って・・・

それが、クラリネット三重奏と混成8重奏。

でも、本番目の前にしてクラリネットはインフルエンザて辞退することになり、混成のみの出場。

なかなか思い通りに行きません。

少ない練習場所、時間、予算・・・

"集中"って言いますが、集中して練習しても限界があります。

"効率良く"って言いますが、効率良くする能力の限界があります。

何よりもメンバーの気力と体力が勝負になるアンコン出場の挑戦、悩みます。

私はピアノを10年しかかじったことがなく、吹奏楽の経験は保護者会で6年のみ。

ただ、夫が吹奏楽経験者で全国大会出場経験があったお陰で、ピッチやリズムといった基本から、音のバランスや楽譜(曲)の分析等、色々学ばされました。

口出ししたい・・・そこの音の長さ違うよ、ピッチ狂ってるよ、主役を目立たせて、スタッカート甘過ぎだよ・・・

娘がメンバーだと、でしゃばった事は出来ません。

私の行為がチームワークを破壊することになるかもしれないから。

他校へお邪魔して指導してもらったり、我が校OBの退職した音楽の先生に指導を仰いだり、夫の仲間に指導してもらったり・・・

とにかく色々な方々のサポートを頂いて、"曲"を完成しました。

本番前日、演奏は大体完成しましたが、メンバーは"猫?"になりきれて無い。

明るいじゃれあってる曲なのに、演奏している顔つきは無表情の体の動きがない、死んでる猫達の曲になってました。

「笑え、演奏を楽しめ、じゃれあえ」

前日ですよ、前日。

私が本番付き添いするのですが、舞台袖で何か笑わせる方法ないか、緊張して頭が真っ白にならない方法ないか、私が出来ることを考えました。

本番当日、会場へ楽器を運び、エントリーをしながら「笑顔」を考えてました。

控え室に入ると、「頑張って下さいね、応援してますよ」と声をかけてくれた先生がいました。

以前お世話になった高校の吹部の先生です。

控え室から舞台裏まで、その高校が当番校だったんです。

顧問が不在と言うのと、演奏の不安で一杯の私達に声をかけてくれたんです。

"笑顔"になりました?

音出しの所に着くと「大丈夫、いつもの通りでね」って、先生らしき人から励まされます。

また"笑顔"になります。

メンバー達も「笑顔だよね?」って声掛け合い初めました。

多分、我が顧問は色々な先生方へ連絡して、私達がスムーズに舞台へ立てるよう手を回してくれてたのだと思います。

舞台袖へ何とか到着した時、高校生が「○○ちゃん、頑張ってね?」ってメンバー全員へこっそり声をかけていてくれました。

メンバーの名前、覚えていてくれたんです。

泣きそうになりました、嬉しすぎて?

我々が舞台に立つ時が来ました。

舞台袖からメンバーを見守る事になる私、演奏が始まると・・・体か左右にリズムとってました?

変なダンスです。

躍りながら泣いてます。

演奏、いつもより何百倍も長く感じます。

メンバーが笑いながら舞台袖に帰って来ました?

"笑いながら"です?

会場の外へ出ると、受験で忙しい先輩達が待っててくれました。

応援するため、駆けつけてくれてました?

顧問が演奏時間を伝えてくれていたようです。

カメラマンなんて居ない会場正面入口、ささやかですが、父兄で写メ撮りました?

目には見えないけど、顧問がずっとメンバーに付き添ってくれてる温かさを終始感じていました。

心配している顧問へ写メと一緒にメールで演奏終了報告し、借りている練習場へ戻りました。

結果発表まで六時間、お弁当食べて休憩してから開場へ戻る事にしました。

結果発表の時間が来ました。

(この混成は銅賞だろうな~、でも皆に何か言わなきゃいけないよな~、何を言おうか?残念?頑張った?次は~~?)

頭の中で言葉探して・・・

「混成8重奏 銀賞」

銀?シルバー?えっ?本当?

やった~?✨

金賞取ったみたいに、喜んでしまいました?

メンバーも喜んでます?

あり得ない混成で挑んだ、あり得ない曲、かなり少ない練習量、やりました、銀賞✨

喜んで報告と感謝のメールを顧問にしました?

中学のアンコン、終わりました。

出場出来た上に、賞貰えて幸せです?

我々に関わってくれた顧問・OB・沢山の皆さん、本当にありがとうございます??✨

この幸運は、色々な方々のお陰で掴む事が出来ました、感謝と言う言葉では足りない位、表現しきれませんが、本当にありがとうございます?✨

次はソロコンテスト、金賞狙うぞ~?