ASax’s diary

吹奏楽部保護者の会

中学最後の壮行会

今日は吹奏楽部の壮行会。

体育館のステージ前に楽器や椅子を演奏体制にセッティングし全校生徒の前でコンクールで披露する課題曲と自由曲を披露する。

校長先生や生徒会長からこれから挑むコンクールに向けて激励の言葉を頂き、その後応援団からエールを貰う(確かそんな感じだったような)。

娘は今年で最後の壮行会、なのに演奏仕上がりはイマイチ。

旦那は朝から壮行会の時間をチェックしていたから、仕事の調整が付けば見に行く予定なんだろうな~。

あたしはビデオ持って行きます。

娘の成長記録っていうのもあるけど、DVDにして顧問にチェックして貰う為、人の話し声が入らない所で撮影予定。

ちなみに、この行動は誰に頼まれたわけでもなく、義務でもなく、ただ勝手にしている行動です(^_^;)

あたしはピアノしか経験がないので”吹奏楽”っていうところでの音楽的手伝いは無理。(たとえ吹部経験者でも、保護者から顧問に何か意見をのべることはどうかと思う。)

顧問の描く”音”や”曲イメージ”とかあると思うので、DVDを見てこれからの作戦材料になれば良いかなぐらいの気持ちで渡す予定。
(まぁ~捨ててもOK、って感じ、結構気軽)


体育館でやるから、蒸し暑いのかな~会場。

三脚持った。
ビデオカメラ、充電中~
ICレコーダー持った。
スリッパ・・・(車に積みっぱなし)
後忘れ物は・・・

あ~緊張してきた。

才能あるサックス奏者からの指導

平日の夜、サックスパートがホールに居残った。
講師が教えに来てくれるからだ。
秋田吹奏楽団に所属しているサックス奏者でプロみたいな人。
サックスを演奏する者なら誰もが憧れ、指導を受けたいと思う人、河道さん。
凄く華奢な体つきだが出す音は迫力と美しさを兼ね備えた音色で、一度聴いたら虜になる。

名前と噂は高校時代に吹奏楽部で一緒に汗を流した夫やその友達から聞いており、娘とあたしには神様のような存在になっていた。

その "神" が教えに来てくれた✨

我が顧問が仲良しで、無理言って顧問が呼んでくれたから、顧問も凄い。

ちなみに、講師の河道先生も社会人で吹奏楽コンクールに出場する。

凄く明るい気さくな河道先生の教え方が解りやすい。
どの先生もやるんだけど、

部員に吹かせる

問題点を指摘し、見本を吹いて見せる

☆何故上手くいかないか解析・説明

部員に再度吹かせる

☆の部分が他ではなかなかない所。

演奏している最中、舌の使い方も指摘しリードやマウスピースにどのようにあてるのか手をしたに見立てて見せてくれる。

更に1人1人の楽器を(マウスピースそのままで)河道さんが吹いて、リードの厚みやガチャ・マウスピースが適正かどうか、楽器の状態はどうなのかを見てアドバイスをくれる✨
このためし吹きみたいなのは、誰もやらないから、いかにサックスの事を考えているかがわかる。

あたしは、この凄さを言葉で上手く表現できないけど、サックスと言う楽器の特性を最大限引き出して演奏する方法を教えてくれる人に思えた。

演奏する楽譜では、音符の長さもそうだけど、物語の本を読みとくように分析しながら一緒に音だして説明。

とにかく解りやすいし、楽しめるし、時間があっという間に過ぎてしまう。

先生が本日持参してくれたサックスはピンクゴールドのような綺麗な楽器だったので、ヤナギサワかと尋ねたら、セルマーだと教えてくれた。
セルマーにもあんなに綺麗な色があるんだ~って感動したのと、クラッシックに合う音はセルマーって事で持参してくれたんだって勝手に分析。

最後に、サックスは何本位持っているのかと効いてみた😅

5~6本位あると言ってくれた。
色々なメーカーや型番の楽器を使い分けてるんだろうな~ってまた勝手に分析😅
それに、あれほどのパワフルな演奏をし、人を魅力させる才能があるってことは、練習も人一倍してるだろうから数本なければやっていけないよな~😊

一番言いたいことは、河道さんが秋田の人で秋田で活躍している天才サックス奏者で、とにかく皆演奏を聴いてみてってこと。
稲妻が走るほど、感動的良い衝撃が体感出来るよ🎵

🎼秋田中央地区大会🎼

吹奏楽コンクールの秋田中央地区大会が1カ月を切りました。

29年7月8日(土) 秋田中央地区大会  秋田県民会館

ここで金賞をとれば県大会へ進みます。

     ↓↓↓

29年7月29日(土) 秋田県大会 高・大    湯沢文化会館
29年7月30日(日) 秋田県大会 高小編成・職一  湯沢文化会館

29年8月1日(火) 秋田県大会 中小編成・合同 秋田県民会館
29年8月2日(水) 秋田県大会 中   秋田県民会館

今日は中央地区大会の順番決める抽選日。
本来は我が顧問がくじを引くのだが、抜けられない仕事の為代理を立てて抽選に臨む。
昨年も代理を頼んでいたのだが、(ここだけの話)顧問は抽選会場でくじを引けないことに落ち込んでいました。

昨年の話ついでに、昨年は某市内の高校吹奏楽部顧問にお願いしました。
その先生は我が中学校以外にもう1つの中学校からも代理抽選を頼まれていました。
中学校の番でで順番が来たらその先生がくじを引くのだが・・・
結果は:
もう一つの中学校  1番目
我が中学校     最後(トリ)
なんともスリリングな結果で驚きです。

運命を託す代理人をどの学校にお願いしたかは聞かなかったのですが、くじを引いてくれただけでもありがたい話なので結果を楽しみに待ちたいと思います。😊

さて、中央地区大会が近いということは参加する吹奏楽部は気でも狂ったかのように練習しています。😱

中学強豪校スケジュール:
朝練 ⇒ 授業 ⇒ 部活(表向き夜7時だが実際夜9:00)
これが普段の練習。

午後のホール練習が入ると
朝練 ⇒ 授業(午前11時まで。吹部はそれ以降の授業を免除) ⇒ 楽器をトラックに積込みホール練習会場へ移動(12:00到着)
⇒ 楽器を降ろして昼食 ⇒ ホール練習(夜10時まで)

土日祝祭日は
朝練 ⇒ 練習 (夜7時頃~9時頃まで)

美しいサウンドを出す為に、血がにじむような練習と努力をしている事がわかります。
強豪校は学校も部活に協力的(練習早退も許すあたりが)ってわかります。

我が中学は、特別進学校の為やたらと部活に規制が多すぎる。
あたしもこの中学のOGだけど、他行に比べて卒業生が学校に来にくい。
練習について言うと、朝練は禁止(勉強に差支えが出る為)。
練習時間は夜の7時まで(7時には昇降口より外に出ている事)
土日の終日練習は禁止。(土曜日の半日のみなら良い)
挙げればきりがない(+o+)
アタシが中学生の頃は、そんな禁止事項が無かった。
成績を維持していれば、終日練習も朝練も何でもできた。
ただ、夜は7時までだったけど。
合宿もあった(今は禁止)

この羽交い絞めのような状態で活動しているから、”集中力”はかなりすごい。
時間が限られているから、集中力を鍛えて鍛えて・・・😪

それでも頭でわかっている音色や技術は、そう簡単に実践できないことだってある。
家に楽器を持ち帰り、物置に毛布や布団や衣類等をを壁や床一面に何層も重ねて楽器を吹く。
個人練といえば聞こえはいいけど、実際は近所迷惑になるのではないかとビクビクしながら音を出している。

あと少しで地区大会。
練習時間が足りないけど、集中力でカバーして次の大会へコマを進めたい。💪😉

🎼第48回秋田県中央地区吹奏楽祭🎼

f:id:ASax:20170528235954j:plain
初日の土曜日、吹奏楽祭に出場してきました。

オープニングは、その日出場する中学校の生徒の一部(うちは、三年生全員)が参加して演奏する。

オープニングで演奏する曲は土日ともに同じで、国民の象徴とアフリカン・シンフォニー。

楽譜は前もって生徒に配布されていて、1stとか2ndとか、楽譜を見なければどこのポジションかわからない。

渡された楽譜をひたすら練習するしかない。

土曜日の午前中に、初めて合同演奏の演奏者が顔を会わせて合奏。
その数時間後には本番だから、凄い話だと思う。

あたしは、撮影係なので会場へ入って直ぐに撮影許可書を持って吹奏楽祭本部へ手続き。
撮影者だとわかる腕章を渡され、早速つけて2階席へ移動。
撮影場所は2階のご来賓席の後ろ側2列。
自分の学校の少し前から席に着くらしいが、土曜日は空席だらけなので、一日中カメラ席にいた。

開演となり、中央地区吹奏楽連盟に加入している中学校の合同演奏が始まった。
🎼国民の象徴とアフリカン・シンフォニー🎼
わが校からは3年生全員が演奏に参加。
指揮は豊岩中学校の先生。
総勢130人位で演奏するから、舞台は生徒でぎっしりと埋まり、パーカッションやコントラバスは動きがとれない😱
それでも、ホールをうならせる程の迫力ある演奏をしてくれた😆

合同演奏が終わると、プロフィール1番から始まった。
少人数の団体から始まり、後半に進むにつれて大人数になる。
コンクール前だし、吹奏楽発表会みたいなものだから、演奏の実力は…ある程度仕上げてきてました😅

わが校の順番はプログラム後半の方なので、自分達の出番以外は、吹奏楽祭を会場で聴いていた🎵

わが校の出番がしました🎵✨

2曲演奏~😊🎵
この日の撮影の為、何度も参考音源を聴きまくり、ソロやデュオは誰かも覚えて、イメージトレーニングしてきた。
本番はみんなをしっかり撮影しようと息巻いてのぞんだが、実際はあれもこれも撮りたいっていうのが沢山あって、カメラワークが難しい😅
動かし過ぎると、車酔いしちゃいそうな動画になるし、定点にすると、つまらない動画になる。
ポイントのソロやデュオをアップで撮影したから良しとしようって自分を慰めているけど…😰
音はバッチリ録れてます😃👍

プログラム最後に秋田市下浜出身のフリューゲルン奏者の土濃塚隆一郎さんが飯島中学校とコラボして演奏してくれた。
下浜中学校→秋田高校出身だそうだ。
母校と共演して欲しかったな~って素朴に思ってしまった😅

我が吹奏楽部の演奏は初日で終了したけど、次の日も吹奏楽祭はある😌

中総体の野球応援、吹奏楽コンクールに向けて頑張ろう👊😆🎵

平成29年 吹奏楽祭 に参加

5月27(土)・28(日) に吹奏楽祭がある。
確か、小学校~社会人の中央地区吹奏楽の団体が出場出来る音楽祭。
コンクールと違って " 審査 "が無く自由に曲を選んで決められた時間内に演奏する。
各団体の特色がでる、文字通り " 音楽の祭り " 🎵

我が吹奏楽部は土曜日に出場する。
演奏する曲は、部員達がやりたい曲を持ち寄って相談して決めた2曲😊
いくつかソロのパートがある。
三年生は今年最後だから、曲選びも気合いが入るところだが…、曲を聴いたときにカッコいいかどうかで決めたみたい😅

顧問から許可がおりた曲の楽譜は、それぞれのパートに配られて練習→合奏となるのだが、演奏は音痴ぎみ😱

1ヶ月前の段階で、何がどうしたと言うより、全体的に曲がぼやけている演奏😵

仕事が忙しすぎて、いまどのくらい完成に近付いているかわからないが、娘は演奏の完成度に満足はしていない。

吹奏楽祭が県民会館で行われる両日、なかいちでイベントがあるため、広小路は交通規制が入るらしい。
観に行く親としては、車で行きにくいのがなやみどころ。
駐車場だって混雑のため、あるかどうかも心配😰

顧問から、ビデオ撮影の話がきた📹
団体に1台のビデオ撮影が許されていて、許可書を渡された。
今まで、撮影の話なんかなかったのに、顧問が新しくなったら、撮影の話が来るなんてびっくり&感激😍
と言うことは、前任は一体…、前任は臨時だったし仕方がない😅
その前の顧問は、癌で亡くなっているし…。

ビデオ撮影を、任されたあたしは今、吹奏楽祭で演奏する参考音源を聴きまくっています🎵
ソロや部員の演奏している姿を、より良い形で映像に残したいから。
吹奏楽祭が終わったら、DVDにして皆にまわして焼いてもらうつもり📀

おっと、肝心なオープニングは出場団体皆で演奏するらしい。
と言っても、人数は各団体から数人から十数人が演奏に参加します。
曲は、国民の象徴とアフリカンシンフォニー。
うちは、三年生が演奏します😃

吹奏楽祭まであと少し。
曲聴いて撮影イメージ掴んで…、あ~撮影するのってプレッシャー感じる~😖
とにかく曲聴きまくって、本番に望むぞ💪😌
部員は演奏がんばれー👊😆🎵

🔰初心者講習会🔰

初心者講習会に行ってきた。

秋田市にある新屋高校で、小学生から中学生までの吹奏楽 ”🔰初心者” を対象に行われる講習会。
楽器はパーカッション以外は持込。

うちの娘は今中学三年生で吹奏楽歴は今年で7年目・・・
かなり昔から行われている初心者講習だと顧問は言っていたが、初耳のあたしと娘。
娘は初心者講習の対象にはならないのだが、コントラバスの1年生が楽器を運べない(車が🚗セダンタイプなので)。
アタシの車せで運んで、ついでに見学したい~ってことで行ってきた。

講習は1人500円
午前は小学生全パート、中学生の弦楽器と木管パート
午後は中学生の金管と打楽器パート

受付開始後、1教室に10人位の人数に振り分けて講習が始まる。
1教室に1人の講師が付き、楽器の部品の名称・組み立て方や扱い方、手入れの仕方から授業が始まる。

あたしはアルトサックス🎷の教室が2部屋あるうちの1つの教室へ入った。
ここの部屋での講師は、プロ奏者ではないものの、セミプロ(ほぼプロ)の秋田吹奏楽団の河道さんだった。
旦那の後輩で、顧問の友達で、アタシと娘の憧れの人。

ちょうどマウスピース、リガチャ、リードの説明をしていた。
この3つのパーツのセットする順番を実際に組み立てていた。
あたしは楽器修理屋さんから教えて貰ってたんだけど、ここのところを知らないと間違った順番で組み立てる人が結構いる。

ちなみに
1.マウスピースにリガチャをセットする。
2.先程の1にリードをお尻から(リードの厚い方から)マウスピースの口が当たる所をすべらせてリガチャにセット。

文章で書くとこんな感じ。

リガチャも物によって向きが違うので注意が必要。

これも講習会で教えてくれていた。

セットし終えると、息の使い方(腹式呼吸)を習う。
”ローソクの火を消す時”・・・お約束の説明だが、これがとっても分かり易い。

そして、マウスピースだけで音を出し(その前に、リードがきちんとセットされているか、先生のチェックが一人一人はいる)

とっても分かり易く親切。

マッピでの音出しは全員で5分位時間を取って練習した後、アルトサックス本体にマッピを取り付けた。

楽器の音の出す講習だ。が、本体についてるボタン(貝殻素材)の名称や、それぞれのキー(レバー)の説明。

あ~、娘が小学3年生の時、この講習に来ていれば・・・😰
ちなみにうちの子は、部活の先輩と顧問に教えて貰ったり、楽器の修理屋さんで教えて貰ったりネットで調べたりして覚えていったタイプ。😅

基本的な音階の指使いを指導されて、みんなで実際吹いて練習。

最後に先生がアルトサックスで1曲披露してくれて、教室での講習は終了(どの教室も先生の曲演奏が聴けるわけではないみたい)

ところが、楽器を片付ける前に何故かアルト・テナー・バリトンサックス・のそれぞれの教室の生徒達が1か所に集められた。
そして、サックスの講師の先生達が楽器を持って集まってきて、サックスアンサンブルを披露してくれるという。
ソプラノ・アルト・テナー・バリトン 4人で復興支援ソングの『花は咲く』を、初見&初合奏 でアンサンブルを披露してくれた。
ちなみにこの先生達は、秋田吹奏楽団のメンバーです。

初心者講習を受講する生徒は吹奏楽初心者で楽器を部活に入って初めて見て触った生徒ばかり。
アンサンブルを目の前で生演奏してくれて、みんなのお目目が真ん丸キラキラで、感動で胸いっぱいって感じの様子でした。😍
もちろんあたしも同じ。

これで初心者講習は一応無事に終了しました。

今回、アルトサックスのパートの様子を書きましたが、どのパートもやる事は一緒です。
(講師演奏があるかどうかは別ですが・・・)

さて明日から、部活に戻って練習だ~😁🎵

楽器のカラオケ

カラオケと言うと、曲に合わせて声を出して歌を歌うというのが主流というか、アタシの中でのカラオケ。

我が家にポータブルのCDラジオデッキがあり、それで曲を聴いているのだが、ボリュームを最大にしても物なりない。

f:id:ASax:20170508125917j:plain

英語の学習用とCDで曲を聴くために購入したデッキ。

スピート調整が3段階早くしたり遅くしたりする機能が付いていてすごく便利。

Bluetoothの機能が付いているから、スマホの曲をワイヤレスでデッキから再生可能。

このデッキ、今では学習ではなく曲を聴くためのデッキになっていて、課題曲や自由曲を聴くためのアイテムになってる。

が・・・ うちの娘は、デッキから出てくる曲に合わせてアルトサックスで一緒に吹いている。

部活で演奏する曲で自分のパートを曲に合わせて吹いている。

ただ、デッキのスピーカーが小さいせいか、昔のラジカセより最大音量がかなり小さいため、本人はやりにくいみたい。

CDの音が楽器の音に負けて聞こえない。

確かに、はたから聞いていても、アルトサックスの音だけ聞こえてデッキからの音はかなり小さく聞こえる。

f:id:ASax:20170508130000j:plain

そこで、ヘッドフォンを渡してみた。

このヘッドフォン、スマホに繋げれば通話も出来る便利機能が付いている。

さっきのデッキにヘッドフォンを繋げ、娘がアルトサックスを合奏してみた。

結果・・・ 曲が聞こえるから合わせて吹きやすいと喜んでくれました。

隣の部屋で聴いているあたしには、アルトサックスの音しか聞こえてこない。

楽器のカラオケ練習に使えるようになって、持っている物が役に立って、とにかく良かった。