読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASax’s diary

吹奏楽部保護者の会

平成29年 吹奏楽祭 に参加

5月27(土)・28(日) に吹奏楽祭がある。
確か、中学校~社会人の吹奏楽の団体が出場出来る音楽祭。
コンクールと違って " 審査 "が無く自由に曲を選んで決められた時間内に演奏する。
各団体の特色がでる、文字通り " 音楽の祭り " 🎵

我が吹奏楽部は土曜日に出場する。
演奏する曲は、部員達がやりたい曲を持ち寄って相談して決めた2曲😊
いくつかソロのパートがある。
三年生は今年最後だから、曲選びも気合いが入るところだが…、曲を聴いたときにカッコいいかどうかで決めたみたい😅

顧問から許可がおりた曲の楽譜は、それぞれのパートに配られて練習→合奏となるのだが、演奏は音痴ぎみ😱

1ヶ月前の段階で、何がどうしたと言うより、全体的に曲がぼやけている演奏😵

仕事が忙しすぎて、いまどのくらい完成に近付いているかわからないが、娘は演奏の完成度に満足はしていない。

吹奏楽祭が県民会館で行われる両日、なかいちでイベントがあるため、広小路は交通規制が入るらしい。
観に行く親としては、車で行きにくいのがなやみどころ。
駐車場だって混雑のため、あるかどうかも心配😰

顧問から、ビデオ撮影の話がきた📹
団体に1台のビデオ撮影が許されていて、許可書を渡された。
今まで、撮影の話なんかなかったのに、顧問が新しくなったら、撮影の話が来るなんてびっくり&感激😍
と言うことは、前任は一体…、前任は臨時だったし仕方がない😅
その前の顧問は、癌で亡くなっているし…。

ビデオ撮影を、任されたあたしは今、吹奏楽祭で演奏する参考音源を聴きまくっています🎵
ソロや部員の演奏している姿を、より良い形で映像に残したいから。
吹奏楽祭が終わったら、DVDにして皆にまわして焼いてもらうつもり📀

おっと、肝心なオープニングは出場団体皆で演奏するらしい。
と言っても、人数は各団体から数人から十数人が演奏に参加します。
曲は、国民の象徴とアフリカンシンフォニー。
うちは、三年生が演奏します😃

吹奏楽祭まであと少し。
曲聴いて撮影イメージ掴んで…、あ~撮影するのってプレッシャー感じる~😖
とにかく曲聴きまくって、本番に望むぞ💪😌
部員は演奏がんばれー👊😆🎵

🔰初心者講習会🔰

初心者講習会に行ってきた。

秋田市にある新屋高校で、小学生から中学生までの吹奏楽 ”🔰初心者” を対象に行われる講習会。
楽器はパーカッション以外は持込。

うちの娘は今中学三年生で吹奏楽歴は今年で7年目・・・
かなり昔から行われている初心者講習だと顧問は言っていたが、初耳のあたしと娘。
娘は初心者講習の対象にはならないのだが、コントラバスの1年生が楽器を運べない(車が🚗セダンタイプなので)。
アタシの車せで運んで、ついでに見学したい~ってことで行ってきた。

講習は1人500円
午前は小学生全パート、中学生の弦楽器と木管パート
午後は中学生の金管と打楽器パート

受付開始後、1教室に10人位の人数に振り分けて講習が始まる。
1教室に1人の講師が付き、楽器の部品の名称・組み立て方や扱い方、手入れの仕方から授業が始まる。

あたしはアルトサックス🎷の教室が2部屋あるうちの1つの教室へ入った。
ここの部屋での講師は、プロ奏者ではないものの、セミプロ(ほぼプロ)の秋田吹奏楽団の河道さんだった。
旦那の後輩で、顧問の友達で、アタシと娘の憧れの人。

ちょうどマウスピース、リガチャ、リードの説明をしていた。
この3つのパーツのセットする順番を実際に組み立てていた。
あたしは楽器修理屋さんから教えて貰ってたんだけど、ここのところを知らないと間違った順番で組み立てる人が結構いる。

ちなみに
1.マウスピースにリガチャをセットする。
2.先程の1にリードをお尻から(リードの厚い方から)マウスピースの口が当たる所をすべらせてリガチャにセット。

文章で書くとこんな感じ。

リガチャも物によって向きが違うので注意が必要。

これも講習会で教えてくれていた。

セットし終えると、息の使い方(腹式呼吸)を習う。
”ローソクの火を消す時”・・・お約束の説明だが、これがとっても分かり易い。

そして、マウスピースだけで音を出し(その前に、リードがきちんとセットされているか、先生のチェックが一人一人はいる)

とっても分かり易く親切。

マッピでの音出しは全員で5分位時間を取って練習した後、アルトサックス本体にマッピを取り付けた。

楽器の音の出す講習だ。が、本体についてるボタン(貝殻素材)の名称や、それぞれのキー(レバー)の説明。

あ~、娘が小学3年生の時、この講習に来ていれば・・・😰
ちなみにうちの子は、部活の先輩と顧問に教えて貰ったり、楽器の修理屋さんで教えて貰ったりネットで調べたりして覚えていったタイプ。😅

基本的な音階の指使いを指導されて、みんなで実際吹いて練習。

最後に先生がアルトサックスで1曲披露してくれて、教室での講習は終了(どの教室も先生の曲演奏が聴けるわけではないみたい)

ところが、楽器を片付ける前に何故かアルト・テナー・バリトンサックス・のそれぞれの教室の生徒達が1か所に集められた。
そして、サックスの講師の先生達が楽器を持って集まってきて、サックスアンサンブルを披露してくれるという。
ソプラノ・アルト・テナー・バリトン 4人で復興支援ソングの『花は咲く』を、初見&初合奏 でアンサンブルを披露してくれた。
ちなみにこの先生達は、秋田吹奏楽団のメンバーです。

初心者講習を受講する生徒は吹奏楽初心者で楽器を部活に入って初めて見て触った生徒ばかり。
アンサンブルを目の前で生演奏してくれて、みんなのお目目が真ん丸キラキラで、感動で胸いっぱいって感じの様子でした。😍
もちろんあたしも同じ。

これで初心者講習は一応無事に終了しました。

今回、アルトサックスのパートの様子を書きましたが、どのパートもやる事は一緒です。
(講師演奏があるかどうかは別ですが・・・)

さて明日から、部活に戻って練習だ~😁🎵

楽器のカラオケ

カラオケと言うと、曲に合わせて声を出して歌を歌うというのが主流というか、アタシの中でのカラオケ。

我が家にポータブルのCDラジオデッキがあり、それで曲を聴いているのだが、ボリュームを最大にしても物なりない。

f:id:ASax:20170508125917j:plain

英語の学習用とCDで曲を聴くために購入したデッキ。

スピート調整が3段階早くしたり遅くしたりする機能が付いていてすごく便利。

Bluetoothの機能が付いているから、スマホの曲をワイヤレスでデッキから再生可能。

このデッキ、今では学習ではなく曲を聴くためのデッキになっていて、課題曲や自由曲を聴くためのアイテムになってる。

が・・・ うちの娘は、デッキから出てくる曲に合わせてアルトサックスで一緒に吹いている。

部活で演奏する曲で自分のパートを曲に合わせて吹いている。

ただ、デッキのスピーカーが小さいせいか、昔のラジカセより最大音量がかなり小さいため、本人はやりにくいみたい。

CDの音が楽器の音に負けて聞こえない。

確かに、はたから聞いていても、アルトサックスの音だけ聞こえてデッキからの音はかなり小さく聞こえる。

f:id:ASax:20170508130000j:plain

そこで、ヘッドフォンを渡してみた。

このヘッドフォン、スマホに繋げれば通話も出来る便利機能が付いている。

さっきのデッキにヘッドフォンを繋げ、娘がアルトサックスを合奏してみた。

結果・・・ 曲が聞こえるから合わせて吹きやすいと喜んでくれました。

隣の部屋で聴いているあたしには、アルトサックスの音しか聞こえてこない。

楽器のカラオケ練習に使えるようになって、持っている物が役に立って、とにかく良かった。

メトロノームの油差し

我が家にセイコー製の安いメトロノームがあった。
吹奏楽部の練習に必需品のメトロノーム、部活では各パートに1台支給されているらしいのだが、チューナーに備え付けじゃない振り子のメトロノームを使いたいと言って、家から持って行った。

あれから1年、セイコー製のメトロノームは不正確(遅れがち)なリズムを刻むようになった・・・

たしか、4,000円とか4,500円とかしたようなメトロノームだったはず。
あたりが悪かったのかな~

そして昨日「家でもメトロノーム欲しいな~、パートのメトロノームも欲しくて、一人500円ずつ出して3,000円の予算で買いたいな~」と言いだしていた。

メトロノーム・・・
f:id:ASax:20170427141726j:plain

〇十年前にあたしが使っていたメトロノームを実家に取りに行ってきた。

早速動かそうとしたけど、動かない・・・

振り子も左右に振れるけど、すぐに止まる。
f:id:ASax:20170427141800j:plain

ヤマハの物だし、日本製だし正確なはずだから、何とか修理してみることにした。

ねじを外して外ふたを外し、メトロノームの本体!?中身!?を取り出してみた。

色々な歯車が組み合わさってできているんだけど、経年劣化であちこち動きが渋い。

錆もないので金属が動くところあちこちに油(スプレーグリス)をさしてちょっとずつ動かしてみた。

油がなじんでくると、スムーズに歯車が回る。

余分な油をふき取ってから、メトロノームを組み立てて、リズムが正確かどうかチューナーで測ってみた。

かなり正確

あたしが親から買ってもらったメトロノームが、アタシの娘へ受け継がれる~


さて、うちのパートのメトロノーム、月末の週末は学割だったはず(ヤマハのお店)。

値段偵察に行って来よう~


課題曲と自由曲

吹奏楽コンクールの大編成が出場するには、必ず吹奏楽連盟が定めた課題曲四曲の中から1曲選んで演奏しなければならない規定がある。

今までは、わが中学はこの曲でやるんだろうな~って予想するのが、簡単だったが、今年は迷う。
迷う理由は、どの曲も似たような感じの吹奏楽の為のマーチという曲調で、過去に似たようなフレーズがあるような、どれもインパクトに欠けると言うか興味をそそらない(私個人の意見です)。
あと、我が中学の技術的な問題。
練習時間が足りないと言う問題より、限られた時間内で、どれだけ技術向上が出来るかを意識して個人練習をしているかということ。
学校で楽器を使って思い切り音だしは出来るが、家に帰ってからは、そんな事出来ない(防音室と楽器があるなら別だが)。
吹奏楽の練習は学校のみとわかれば、自然と練習に気合いが入ると思うのだが、その辺はまだ子供なので遊んでしまう。

消去法で課題曲を絞っても、やはり2曲のこる。

課題曲と平行して自由曲も顧問は考えてるのだが、今年はとにかく悩む。

曲選びは保護者会の仕事ではないので、顧問に任せて決まるのを待てば良い。
でも、部員の技術向上の為の指導者(顧問が呼んでくれたら)への報酬の予算、これは部費から出すから、顧問が困っていたら(下世話な言い方だが)お金は出せますと伝えたい。

我が顧問が悩んだり困ったりするのは、部員を少しでも上の大会に連れていきたいから。

ただの吹奏楽部の責任者なら、悩む必要はないから、顧問も部活の時間を適当に流せば良いし、合奏も指揮も必要ないから、凄く楽に過ごせる。
休みの日だって練習の必要はない。

でも、顧問は日々部活の事を考えているから、今年は悩み迷い、曲選びに慎重になる。

んで、自由曲。

作曲?編曲?者はこの人でいくって言うところは決まっているが、これがまた難しい曲ばかり。
あたしは、ユーチューブでその人の曲を全曲聴きまくっているが、連符が鬼のように多く並ぶ曲調で、我が中学が演奏するには課題がありすぎると思っている。技術的に。
顧問が慎重になるのは、痛いくらいわかる。
過去に南中がその人の曲を演奏したものがあって、この間聴いてみた。
鬼連符は、やはりモツレタ感じがあるが、なかなかまとまった仕上がりだった。

そうそう、来月には吹奏楽祭があり、曲は部員達に決めさせたのだが、この練習もしなければならない。
部員は、自分のパートの仕事をキッチリこなせば良いが、顧問は全パートをまとめ上げて仕上げなくてはならない。
あたし(保護者会)は…顧問にお手伝い内容聞きに行かなくてはならない。

あ~、我が顧問が思う音色とサウンドを出すために、あたしは何が出きるのだろう??
保護者会のさ、保護者会の吹奏楽に対する考え方を1つにまとめて行かないとな~。

コンクール、曲がしっかり決まるまで、なかなか落ち着かないあたしでした。

課題曲の研修

2017課題曲研修会に参加してきました。

吹奏楽部の先生に課題曲の分析と指導の仕方を講習するものみたいでしたが、吹奏楽部員も参加出来るという事で、ただの保護者なのに顧問に無理言って参加させて貰いました(^_^;)

中学生が演奏できる課題曲は

Iスケルツァンド
(第27回朝日作曲賞受賞作品) 江原 大介約 3分半IIマーチ・シャイニング・ロード木内 涼 約 3分半IIIインテルメッツォ 保科 洋約 4分半IVマーチ「春風の通り道」 西山 知宏約 3分

この4曲。

参考音源(イントロ)が発表され、最近になりフル音源がネットに落ちていて、楽譜とCDとDVDも部で買ったのでそれ観て聴いて・・・・
とにかく聴きまくりました。

今年はどれも良い曲ばかりのような気がします。

車で移動中や家事をしているときに何百回も全課題曲を聴いているのに、自分はどれが良いのかわからないし全て良いから選べない。
あたしが課題曲を決めるわけではないんだけど、我が顧問がどれを選ぶか予想はしてみたい(^ム^)

ま~、こんなあたしが課題曲の研修会に紛れ込んでどうするんだと娘に呆れられたが、”無料講習会”だから是非あたしも学びたかった(^_^.)

山王中学校の音楽室で午前と午後2曲ずつに分けて行われた。

山王中の顧問の木内恒先生の指導は、(前から何度か見てきたけど)やっぱり面白いし興味が湧く。
運動部出身のあたし(吹奏楽経験は保護者のみ)でも理解しやすいように、専門的な言葉と意味・実践例(山王中の吹部の皆さんの協力)が並べられるから、凄く分かり易い。言っておくが、吹奏楽部員とその顧問の講習会である。
当たり前の事(それ、誰でもわかってるじゃん)みたいな事でも、文字にして”みせる”こともしてくれるから、うんうんってなっとくしたり、これ忘れてたことだったと反省も出来る。
とにかく退屈しない。
まぁ~、半端ない偉大な先生だから見てるだけでも感動なんだけど、講習受けて思ったのは ” いかに自分の考えを分かり易く伝える事が出来るか、その為の工夫として、今山王中でやっている工夫を紹介するよ。こうやって工夫しながら伝えるんだよ。工夫に終わりはないから、常に考え研究して ” って叫んでいるような気がした。

それぞれの曲の分析はもちろんあって、楽譜から音譜だけでは読みとれないその曲の表現とか背景なんかも講習で受講したけど、指導者(指揮者)の作り出している音楽を演奏者はどう応えていくのか、その為にはどうしたらいいのか、それが大きなテーマだった気がする。(あたしが勝手に思っただけだけど)

4月2日の段階で、粗削りだが課題曲4曲を合奏で形にしている山王中ってすごいな~って思った。
我が吹部は、練習時間がとにかく少ない上に進学校という事で塾に行ってしまう部員も少なくない(練習時間が足りない)。
練習が足りない事を自覚している部員や保護者はどの位いるのかな~??
あ~、我が部活は吹奏楽部というより音楽同好会みたいな練習量だよ~(学校の方針だから仕方がない)

我が顧問はト音記号に手と足が生えているような人で、体全体で表現する人のような気がする。
我が顧問の指導の仕方は(この学校に赴任してからだと思うが)短い時間でいかに効率よく音楽を作るかって事に集中している気がする。
顧問もまた少ない練習時間と戦ってる感が半端ない。

山王中の顧問は分析派で、言葉巧みに伝えていく感じがする。
講習会は面白い(うちとは違った特色で指導をするから)

1つの楽譜でとらえ方が指揮者によって変わるなんて、すごく面白いよ。
ほんとマジで受けた方が良いよ、この講習。

我が顧問の先生、あたしのわがままをきいて講習会に参加させてくれて、マジでありがとうございます😆💕✨凄く勉強させて頂きました😆

吹奏楽部のパーカー

運動部にはユニフォームや部の練習着等の学校の名前の入ったお揃いの"部活着"がある。

文化部に"部活着"がある部は、うちの学校では吹奏楽部のTシャツのみ。

コンクールへ出場する時は学校の制服を、着用するから必要ないのかもしれない。

ホワイトコンサートでパーカーが欲しいと言う声が出てから、お揃いの部活着の事をずっと考えていた。
本当に欲しいのか、それともただの思い付きで言ったのか、パーカーあると何か良いことあるのか色々考えた。
1人で考えてもしょうがないので、顧問と保護者会の副会長2人、数名の保護者達に相談してみた。
毎年デザイン画を新部長が考えてTシャツを作り替えて、吹奏楽部独自のマークが無い事も相談した。

出た意見で一番多かったのが、Tシャツ着て寒いときに上には織るものが体育着になると吹奏楽部のTシャツ着せてる意味がないと言うもの。
次に多かったのは、毎年買うTシャツは勿体無いし、1枚買えばそれでいいというもの。
進学校なので部活着は不要と言う少数派の意見もあった。

さて、どうしよう????

私が考えたのは、

一度買ったら卒業まで使う(吹奏楽部のロゴ?デザイン?を作る)

Tシャツ以外にパーカーがあれば、冬も着れるしコンクール以外での演奏会の着用も出来て、吹奏楽部のアピールが出来る。

パーカーの素材は、オールシーズン可能なもので洗濯に強いもの。

この意見を保護者会全体へ相談してみた。

全体への相談はかなりドキドキ、緊張する。
反対されたらどうしよう、お金の無駄と言われて却下されたらどうしよう、保護者会の意見が怖かった。
けど、意見が無ければ誰も吹奏楽部のことを考えてくれないような気がするし、皆で進む為には避けられない事。

そして、保護者会の父兄達は皆、賛同してくれた。

ここから、デザイン制作するのだが、部長の娘はデザインするのが面倒と言って、真面目に考えてぐれない。
今回考えたデザインは、吹奏楽部が廃部になるまで使われるデザインだから、プレッシャーもある。

あたしの母校だし、娘と考えて作って見た。

娘の友達のスポーツ店に、デザイン持ち込んでパーカーを依頼。

「パーカーの色は何にしますか?」の問いに、色は考えてなかったので、急遽、部長と副部長達に決めさせた。

今いる部員が納得した色を、部のカラーにすれば良いし、保護者達も納得するはず。

遂にパーカーが出来た。

デザインに込めたあたしの願いがある。

背中のデザインは

指揮者を中心に部員が1つになっている。
吹奏楽部の絆を強く、音色も力強く、向上心も強く持つ。

胸のマークは

指揮者を中心に部員が1つになっている。
吹奏楽部の絆を強く、音色も力強く、向上心も強く持つ。
4拍子=4/4 、 4/4=1になる、つまり1つになる=吹奏楽部は1つになる。
リボンの所は、吹奏楽部はエンターテイナーである証

ちょっと説明するのは照れくさいけど、いつか誰かがこのブログ見つけて「あの中学校のあのデザインかぁ~」って思ってくれたら、作った甲斐がある。

この春休みから、吹奏楽部員はパーカーを着て部活動に参加している。

デザインに負けないように、音色や表現力、とにかく練習しまくって頑張って欲しい。

予算とデザインの関係(大人の事情)でTシャツはパーカーと同じデザインで作ります😅